元プロバイダ社員のハゲタロウが光回線・WiFi・格安スマホの選び方を教えます

元プロバイダ社員が光回線・WiFi・格安スマホの選び方を教えます

0120803496からスマホにかかってきた電話は無視して大丈夫?

      2018/01/22

0120803496 からの不在着信

最近 0120803496 からの電話が増えているようです

「最近 0120803496 から留守電が入っています」
「スマートフォンを契約していることを知っているようです」
「なんどもしつこく着信履歴が残っています」

最近、スマートフォンに、0120803496 からの電話がかかってきているようです。
電話に出てみると、相手はあなたがスマホを使っていることを知っているような話しぶりなのです。
もしかして、個人情報がもれている?
それとも何かの詐欺や悪質商法なのでしょうか?
いずれにしても、ちょっと気持ち悪いですね。
0120803496 からの電話は、一体どんな用事なのでしょうか。

0120803496はどんな用事なの?

Softbank AirやSoftbank光などの案内

この電話は、ソフトバンクの光ファイバーインターネット「Softbank光」や自宅向けWiFiサービスの「Softbank Air」と、スマートフォンとのセット契約を案内する電話のようです。
いわゆる格安スマホの登場で、スマートフォンの料金プランも目まぐるしく変わっています。
格安スマホに負けないために、新しいサービスやプランが次々と投入されています。
携帯電話大手のドコモ、au、ソフトバンクは、光ファイバーとスマートフォンのセット契約による割引プランを全面に押し出していて、顧客の囲い込み競争が激しくなっています。

セット割引ってどんなサービス?

ソフトバンクの場合は「おうち割 光セット」というサービスです

自宅のインターネットと、ソフトバンクの携帯電話・スマートフォンやiPadなどのタブレット、Wi-Fiルーターをセットで契約すると、パケット定額サービスや基本料が割引されるというサービスです。
セット割引の対象になるインターネット回線は、Softbank光以外にも、無線を使うSoftbankAirや、ADSLのホワイトBBも対象になります。

どのぐらいオトクなの?

スマホ・ケータイの代金が、1人あたり最大月額2,000円割引(2年間)になります。
インターネット回線1契約で、携帯電話回線(スマートフォン、ケータイ、タブレット、Wi-Fiルーター)が最大10回線までが割引の対象になります。

セット割に申し込みしたほうがいいの

お得になるかはケース・バイ・ケース

おうち割 光セットでお得になるかどうかは、ケースバイケースです。
自宅のインターネット回線があるかないかや、今、自宅のインターネット回線の料金がいくらかかっているかによって、安くなるかどうかは変わってきます。
また、割引になるのは自宅のインターネット回線ではなく、ソフトバンク携帯電話の料金なので、台数が多いほど割引額が大きくなって安くなる傾向にあります。
どの料金プランがお得になるかは、基本的には利用状況、つまりどのぐらい利用するかによってきまります。
その他、家族もソフトバンクなのか、自宅のインターネットをSoftbank光に変更できるのかなど、組み合わせパターンは無数にあります。

新しいプランのほうが安くなるんじゃないの

新しい料金プランのほうが、他社対抗の値下げや、パケットパックの通信量など、最新の市場動向に対応しているので、安くなる人がほとんどです。
ただし、あくまでもモデル的な利用者をイメージして料金を決めているので、すべての人が必ず安くなるという性質のものではありません。
一旦料金プランを変更すると、まえのプランには戻れない場合も多いので、今のプランと新しい料金プランを比較するのは必須だと思ったほうがいいでしょう。

どうすればいいの

まずはシミュレーションしてみましょう

新しいサービスに変更すると、料金が安くなるケースがほとんどですが、逆に高くなってしまうケースもあります。
最適な料金プランは、あなたの利用状況に大きく左右されますから、ひとそれぞれといって間違いありません。
まずは、今の利用状況や、就職や引っ越しなど今後の生活環境の変化も考えながら、料金のシミュレーションをしてみましょう。

ソフトバンクユーザーなら「おうち割光セット」はおすすめ

今後もソフトバンクのスマートフォンを使っていく予定で、自宅のインターネット回線もソフトバンクにまとめられるなら、「おうち割光セット」はオススメの選択です。
料金プランの相談や、セット割に変更した場合の料金シミュレーションは、ショップやインターネットでもできます。
すぐに変更しないとスマートフォンが使えなくなる! という性質のものではないので、時間が許す限りじっくり説明を聞いた上で、自分の利用状況にあてはめてみましょう。
そして、この機会にしっかりと検討してみることをおすすめします。

 - 勧誘対策