元プロバイダ社員のハゲタロウが光回線・WiFi・格安スマホの選び方を教えます

元プロバイダ社員が光回線・WiFi・格安スマホの選び方を教えます

ハイビットのフレッツ光コラボ「光ギガ」の評判は?

      2018/01/22

光ギガってどんなサービスなの?

光ギガは加入者の多い光コラボレーションサービス

光GIGAは、光コラボレーション型の光回線サービスです。
「光ギガ」は、NTT東日本・NTT西日本が提供する光回線を利用して、株式会社Hi-Bit(ハイビット)がワンストップで提供するインターネット接続サービスです。

光コラボレーションって?

光コラボレーションサービスとは、プロバイダなどの通信会社が、NTT東日本・NTT西日本からフレッツ光を仕入れて販売するサービスです。
その名の通りNTT東日本/NTT西日本とプロバイダがコラボして提供しています。
まったく新規に光ファイバーを引いて光コラボレーションサービスを契約することもできますが、現在フレッツ光を使っている場合は転用(てんよう)という手続きをすると、工事不要で光コラボレーションサービスに切り替えることができます。

光GIGAってどんなサービス?

光ギガは、株式会社Hi-Bitが提供するサービスです。
株式会社Hi-Bitは、プロバイダ Toppa!を運営している企業です。

サービス名 光ギガ (ひかりぎが)
サービス提供元 株式会社Hi-Bit (かぶしきがいしゃはいびっと)
公式サイト http://hikarigiga.jp/
サービス分類 光コラボレーション
提供エリア NTT東日本エリア NTT西日本エリア

光ギガに申し込みするとどうなるの?

インターネット接続の契約や支払が一本化されます

フレッツ光を使ったインターネット接続の契約や支払が、光GIGAに一本化されます。

今までプロバイダとNTTの両方と契約していたのが、プロバイダに一本化される仕組みを、「光コラボレーションモデル(通称 光コラボ)」と呼びます。
いま、フレッツ光を使っている場合には、NTTとの間で「転用」という手続きを行うだけで、工事なしで光ギガに変更することができます。

転用とは

現在フレッツ光を使っている場合に、NTTのお客さまIDやひかり電話番号はそのままで、光コラボ事業者が提供するサービスに切り替えることを転用といいます。
転用をするためには、NTT東日本・NTT西日本のホームページなどで転用承諾番号を取得し、転用先の光コラボ事業者に伝える必要があります。

光コラボに転用するときの一般的な注意点

サービス提供者がNTT東西から光コラボ事業者に変更になります

光コラボのサービスと契約すると、NTT東日本やNTT西日本に直接連絡しても、何も対応してもらえません。
故障の場合など、最終的にはNTTが対応する場合もありますが、最初の連絡先は光コラボプロバイダです。
料金関係だけでなく、サポートやONUなど機器の故障連絡も光コラボ事業者経由の対応になります。

今のプロバイダとの契約解除が必要

ここ数年は、プロバイダの契約も2年間の長期割引プランが中心になっています。
今契約しているプロバイダの料金プランが長期契約になっている場合、解約するとほとんどのケースで5000円から多いときは数万円の契約解除料が発生します。
この料金は現在解約しているプロバイダから請求されてきます。

「やっぱりNTTにもどりたい」「他のプロバイダにしたい」と思っても、元には戻せない

NTTと契約しているフレッツ光から、光コラボに一旦転用すると、もう一度フレッツ契約に戻ることができません。
現時点では、転用はNTTフレッツ光から光コラボ事業者への一方通行なので、戻すことはできません。
どうしてもフレッツ光に戻したい場合は、一旦解約したあとで再契約するしかありません。
解約時に解約料がかかったり、工事が発生して工事費がかかったり、長年親しんだ電話番号が変更になることがあります。
持ち家などで引っ越しの予定がない場合などには、十分に注意が必要です。

光コラボの一般的なメリット

支払いやサポートが光コラボ事業者に一本化されます

これまでは、フレッツ光の料金はNTTに、プロバイダの料金はプロバイダにと別々に支払う必要がありました。
また、インターネットの調子が悪い時には、NTTとプロバイダそれぞれの窓口に問い合わせなくてはいけませせん。
しかし、光コラボに乗り換えると、支払いもサポートも、窓口はプロバイダ1本になります。

毎月の料金が安くなる

光コラボに乗り換えると、毎月の料金が安くなるケースがほとんどです。
光コラボに乗り換えたら請求額が高くなった!という話がありますが、プロバイダが、他社との差別化のために用意している、WiFi機器のレンタルやビデオサービス、リモートサポートなどのオプション費用が発生しているケースが見られます。
乗り換えた時に月額費用の発生するオプションを契約して、お試し期間の終了後も解約していないケースがほとんどです。
不要なオプションを契約せず、インターネット接続の費用だけを比較してみましょう。

光コラボはおすすめ?

この機会にいちど検討してみましょう

提供開始から時間がたち、今や光コラボインターネットが光回線の基本になりつつあります。
各社のサービスが出揃って、割引やキャッシュバックキャンペーンなど、激しい顧客獲得競争が行われています。
競合が激しい時ほど、契約のチャンスです。
一度、光コラボへの乗り換えを検討してみるのをおすすめします。

 - 光回線カタログ