元プロバイダ社員のハゲタロウが光回線・WiFi・格安スマホの選び方を教えます

元プロバイダ社員が光回線・WiFi・格安スマホの選び方を教えます

フレッツ光 新しい勧誘方法が活発化しそうなので注意

      2016/02/10

光ファイバーの新しい販売形態「光コラボ」

NTT東日本とNTT西日本は、2015年2月1日からフレッツ光(FTTHサービス)の「卸売」を開始しました。
これまでは、光ファイバー「フレッツ光」の契約はNTT東日本とNTT西日本、インターネット接続はプロバイダと、それぞれ別々に契約を結ぶ必要がありましたが、「NTTがプロバイダにフレッツ光を卸して、プロバイダが組み合わせて販売する」という契約が可能になったのです。
この「卸売」の開始により、たくさんの事業者が光サービスまで一般消費者向けに提供することになりました。
これを受けて、電話や訪問による勧誘が活発化することが予想されます。

光ファイバーの電話契約はトラブルの元

光ファイバーの電話勧誘は、これまでも口頭契約による利用者の意思確認の不徹底、契約解除料・期間拘束の説明がない等の苦情・相談が多くあり、総務省や消費者庁も注意を呼びかけています。

予想される悪質な勧誘

今のプロバイダからの電話であるかのような勧誘

「この電話でOKすると、工事不要で安くなる」
「これからはNTTとの契約ができなくなる」

NTT東日本・西日本からの電話を装った勧誘

「NTTとの提携でフレッツ光からの切り替えを案内しています」
「NTTから依頼を受け、この地区全体の切り替え工事をしています」

契約内容が複雑で、金額も大きい光ファイバーの契約は、電話勧誘に飛びついて即決しないほうが良いでしょう。
インターネットなど、契約内容をよく確認できる方法で契約しましょう。

 - かしこい契約方法, 勧誘対策