元プロバイダ社員のハゲタロウが光回線・WiFi・格安スマホの選び方を教えます

元プロバイダ社員が光回線・WiFi・格安スマホの選び方を教えます

NTT東日本の販売代理店一覧と怪しい業者を見分ける方法

      2018/01/22

NTT東日本は販売代理店制度をとっています

NTT東日本に直接申し込む以外の方法もある

NTT東日本は、フレッツ公式ホームページや、116番などの電話窓口で、フレッツ光やひかり電話の申込みを直接受付しています。
それ以外に、NTT東日本以外の会社やお店を通して申し込む方法もあります。
たとえば、家電量販店やプロバイダ、インターネットの比較サイトなどが、NTT東日本に代わってフレッツ光の申込みを受け付けています。
パソコンを買うときに一緒にインターネットも受け付けてくれたり、いろんなプロバイダを比較して最適なものを提案してくれたりと、NTT東日本に直接申し込むよりも便利でオトクな場合が多いですね。
これらの会社は、NTT東日本に代わって申込みを受け付ける、いわゆる代理店として活動し、NTT東日本からその対価を受け取っています。

NTT東日本と代理店って同じじゃないの?

NTT東日本の代理店はNTT東日本ではありません

フレッツ光のロゴの入ったユニフォームや、カタログなどを使っていると、NTT東日本の職員であるように思えますが、実際には代理店であることがほとんどです。
私達から見ると、たしかに紛らわしいので、NTT通信サービスの勧誘や商品説明などを行う場合には、NTT東日本の代理店であることを明確にすることが厳しく指導されています。
しかし、実際にはNTT東日本の正規代理店ではないにもかかわらず、曖昧な表現でNTT東日本本体であると誤認させたり、NTT東日本の代理店を騙って勧誘を行うケースも見られるようです。

NTT東日本の代理店って何社ぐらいあるの?

確認できるのはほんの一部

さて、そんなNTT東日本の代理店ですが、全国にどのくらいあるのでしょうか?
NTT東日本代理店サイト ひかりWebでは、NTT東日本と契約がある特約店の一覧を見ることができます。

ここには、現在NTT東日本と契約している特約店と取次店と、解約になった特約店・取次店のリストが公開されています。
ただし、ここに記載されているのは、「NTT東日本情報機器特約店」とよばれるNTT東日本と情報機器特約店契約を締結して、主にNTT東日本ブランドの電話機などを販売している会社と、その特約店が委託している販売委託店だけです。

NTTの販売パートナー「テレポケット」は1000社以上

NTT東日本が公開している特約店リストに記載されている会社以外に、NTTフレンドリーショップテレポケット(販売パートナー)と呼ばれる、フレッツ光などのネットワーク商品を取り扱う代理店があります。
フレッツ光の販売は、主に電話で営業をするテレマーケティング会社や、通信サービスを専門に取り扱う商社と、その配下の代理店が中心となって行なっています。
これらの会社は全国に数千社あると言われており、一覧は公開されていませんので、個別にNTT東日本に確認するしかありません。

代理店以外の営業形態も

NTTの営業業務委託会社も存在します

特約店やテレポケット以外に、フレッツ光専門の営業業務委託会社もあります。
販売業務委託先と呼ばれる、NTT東日本からフレッツサービスの営業を委託されている会社です。
営業業務委託会社は、NTT東日本の営業マンとしての仕事をを請け負っているイメージなので、NTT東日本の名刺を持っています。
テレポケットなどの代理店とは違い、フレッツサービスの販売を専門に活動している会社が多いようです。

悪質な勧誘を受けたら

NTT東日本に相談しよう

悪質な勧誘行為があった場合には、NTT東日本に確認するよう呼びかけています。
怪しいとおもったら、相手の会社名・担当者名・連絡先電話番号を確認した上で、

局番なしの116番

に問い合わせてみましょう。
電話の相手が会社名・担当者名・連絡先電話番号を教えることすら渋るようなら、その時点で怪しいと判断することはできますね。

悪質な電話勧誘の被害にあってしまったら

公的機関に相談するのも一つの方法です

電話による光回線やプロバイダの悪質勧誘が増えており、総務省や消費者庁が注意を呼びかけています。
たとえ電話だけのやり取りであっても、契約は成立してしまいます。
突然の電話勧誘で安易に契約してしまわないように注意しましょう。
また、強引な勧誘や嘘の説明で契約してしまい、解約できない、高額な請求が発生したなどのトラブルにあった場合は、公的機関に相談してみましょう。

しつこい電話勧誘や契約トラブルで困ったときは公的機関に相談しよう

 - かしこい契約方法 , ,