元プロバイダ社員のハゲタロウが光回線・WiFi・格安スマホの選び方を教えます

元プロバイダ社員が光回線・WiFi・格安スマホの選び方を教えます

台風や停電でインターネット・スマートフォンが使えない時には

      2017/09/18

台風のあと インターネットが途切れる 遅い

停電の影響で調子が悪くなる場合があります

停電がおきて電源が切れると、インターネットが遅くなったり、接続が途切れたりする場合があります。
停電すると、ルーターなどが動いているときに突然電源が切れてしまうことになります。
そのあと電気が復活して、ルーターの電源が入っても、調子が悪くなる場合があります。

まずはすべての電源を入れ直してみましょう

停電したあとに、インターネットや電話の調子が悪い時には、まず、すべての電源を一旦切って、最初から入れ直して見ましょう。
そんな基本的なこと? と思うかもしれませんが、ただしい手順で電源を切って、ただしい手順で電源を入れると、停電前の正常な状態に戻すことができます。

電源を入れ直す正しいやり方は?

電源OFFは 壁から遠い順 で

電源を一旦切って、入れ直すだけだと思うかもしれませんが、重要なのはその順番です。
確実に復旧させるには、壁から遠い機械から電源を切ってください。
光ファイバーインターネットの場合、壁から光ファイバーが出ていて、回線終端装置(ONU)につながって、WiFiルーターなどを経由して、パソコンにつながっていることが多いでしょう。
この場合だと、電源を切る順番は、まずはパソコン、その次にWiFiルーター、最後に回線終端装置(ONU)になります。
回線終端装置のように電源スイッチがない機器の場合は、一旦コンセントを抜いてください。 
インターネットの接続方法によって、つながっている機器は違いますが、壁に遠い機器から電源を切るという原則は変わりません。

電源を切ったらしばらく放置しましょう

ルーターなどの電源を切ったら、電源を切ったまま数分放置しましょう。
機器によっては、電源が切れているように見えても、完全に電源が切れるまですこし時間がかかる物もあります。
また、短時間の間に再接続すると、プロバイダや通信会社の設定がリセットされない場合があります。
できれば5分、最低でも3分は電源をきった状態で放置して、電源を入れ直すのがおすすめです。
この間に、たまったホコリを取ったり、からまったケーブルを整理するのもいいですね。

電源ONは 壁から近い順 で

しばらく待ったら、電源を入れ直しましょう。電源を入れる順番は、電源を切る時と逆です。
壁から近い順番で電源を入れていきましょう。
先程の例だと、まずは回線終端装置(ONU)、その次にWiFiルーター、最後がパソコンです。
電源をいれるときに注意することは、すこし時間を開けて電源を入れていくことです。
電源を入れてから機械が立ち上がるまでには、時間がかかりますし、立ち上がりが早いものもあれば遅いものもあります。
正常に起動したことがランプで確認できればいいですが、よくわからない場合は、電源を入れて数分まってから、次の機械の電源を入れるようにすればほぼ大丈夫です。
インターネットの接続方法によって、つながっている機器は違いますが、壁に近い機器から電源を入れるという原則は変わりません。

電源を入れ直しても復旧しない場合は

機器の故障や回線障害の可能性があります

それでもうまくつながらない場合には、回線障害の可能性があります。
以下のページから確認してみてください。

NTT東日本

フレッツサービス故障情報
http://flets.com/customer/const2/
ひかり電話 故障情報
http://flets.com/customer/const_h/
固定電話 故障情報
http://www.ntt-east.co.jp/pstn/

NTT西日本

フレッツサービス・固定電話・ひかり電話 故障情報
http://www.info-construction.ntt-west.co.jp/

NTTドコモ

重要なお知らせ(通信障害等)
http://www.nttdocomo.co.jp/info/network/index.html

KDDI / au

au携帯電話 通信障害等に関するお知らせ
http://www.au.kddi.com/information/notice_mobile/network/
auひかり メンテナンス情報・障害情報
http://www.auhikari.jp/server-info/index.html

J:COM

障害・メンテナンス情報
http://www.jcom.co.jp/maintenance_outage.html

 - 便利な使い方