Q:フレッツ光の解約はどうすればいいの?

A:フレッツ光の解約方法は以下の通りです。

フレッツ光、フレッツADSL、フレッツISDNの解約方法です。
フレッツはそのまま利用して、プロバイダーだけを変更する場合はこの手続きは必要ありませんが、プロバイダーと一緒にフレッツ光も解約する場合には、NTT東日本/西日本にも連絡する必要があります。
これを忘れてしまうと、使っていないフレッツ光の請求が続いてしまうので、要注意です。

フレッツ光の解約前に準備するもの
フレッツ光の契約情報(電話番号や契約名義など)を準備しておきましょう。
フレッツ光が開通したときの送付物や、NTT東日本/NTT西日本からの請求書に記載されています。

フレッツ光を電話で解約する
NTT東日本/NTT西日本共通です。
フレッツ光の解約手続きは電話になります。
フリーダイヤル 0120-116-116 に電話して、フレッツ光の解約をしたいと伝えましょう。
受付時間:午前9時~午後9時、土曜・日曜・祝日も受付しています(年末年始をのぞく)
携帯電話からもかけられます。

フレッツ光の解約で注意すること
フレッツ光の月額利用料無料・初期工事費割引等のキャンペーンが適用されている場合には、最低利用期間が設定されています。その場合、最低利用期間内に解約する場合は、初期工事費割引額の一部を負担する必要があります。
NTT東日本/NTT西日本からレンタルされている機器(無線LANルーターや光ポータブルなど)はすべて返却する必要があります。
NTT東日本/NTT西日本がフレッツ光を利用して提供する、ひかり電話は利用できなくなります

家の光回線、高いお金払って損していることに気づいていませんか?

光回線を「なーーーーーんにも考えずに契約しちゃった!!」って方いませんか?または、今からどこでもいいから適当に光に入っちゃおうって考えている方。
正直、すごくすごく損ですよ。ありえないくらい損してます。

なぜなら、キャンペーンを実施している会社によって金額が桁違いに全然違うからです。
でも大丈夫です。今から光回線に入ろうとしている人も、料金が高いから乗り換えたいって人にも超役に立つ情報を入手しました。

この情報を知れば、光回線で間違いなく損することはなくなります。徹底的に調査してみました。



 
スポンサードリンク