ネット契約べからず集:パソコンをくれるプロバイダーと契約してはいけない

インターネットの契約でやっては行けない「べからず集」をお教えします。
パソコンをくれるプロバイダとは契約してはいけない
NTT東日本やNTT西日本が、わざわざフレッツ光の売り込みの電話をかけてくることはありません。
電話をかけてくるのは、NTTの販売代理店です。
フレッツ光の契約をNTT東日本/NTT西日本に取り次ぐと、代理店には手数料が入るためです。
悪質な電話勧誘では、相手もなかなか諦めてくれません。
パソコンがないと言うと、「パソコンをプレゼントする」と言われるケースもあります。
ここで、パソコンがもらえるなら申し込もうかな?とおもってはいけません。
もらえるパソコンはいわゆる中古パソコンです。
中古パソコンは、企業がリースで数年利用したものをメンテナンスして販売しているものが中心ですので、概ね3~4年前の機種になります。
また、もともとが法人モデルのため、PCリサイクルマークが付いていないものがほとんどですので、捨てるのにも費用がかかります。
なにより、良く考えて契約することが大事です。

スポンサードリンク